読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しましま製作所

家庭菜園、電子工作、プログラミング、いろいろ

NANO レシーバでUnifyingのマウスと接続する

こんにちは。

以前も書きましたが、LogicoolのAnywhere2マウスを買ったものの、
Windows7ではBluetooth接続ができず、
Unifyingレシーバも1つしか付属されていないため、
結局1台のパソコンとしか接続できていませんでした。

 

そこで、手元にあったLogicoolのM280というマウスを使えないか画策してみることに
まず、M280はUnifyingに対応した機器ではない・・・と思ってたら、
マウスの裏側にUnifyingらしきロゴがあります
ただ、レシーバはNANO レシーバというもので、Unifyingレシーバとは異なります

NANO レシーバとマウスは工場出荷時にペアリングされているようですが、
このペアリングをなんらかの方法で再設定できれば、
実はAnywhere2マウスとつなげるのでは!?
と思い調べてみると・・・

 

ありました。

http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/logitech-connection-utility-software

ConnectUtilityというのを使うと再ペアリングができるみたいです。
この再ペアリングのときに、Anywhere2マウスとペアリングできれば、
NANO レシーバとAnywhere2マウスがつながることになります。

 

ポイントはマウスの電源ONのときに特殊な信号を出しているようなので、
マウスの電源をいっかい切ってから再びONにしてください

 

結果、すんなりつながってしまいました・・・やったー!
NANO レシーバはUnifyingと規格が同じなのかなぁ

Windows環境(64bit)にpythonとその他もろもろをインストールする

pythonいいよね、うん
Deep Learningの分野でもちょこちょこみますね
スクリプト言語なのでトライアルアンドエラーがやりやすい
パラメータとかちょっと変えて再度実行なんていう実験をし易い
じゃぁRubyでもいいじゃないかという話になりそうですが
宗教上の理由じゃないですかね(違

真相はわかりませんが、海外でのコミュニティで活発に利用されているのは事実です



pythonのインストール

Python Releases for Windows | Python.org

もちろん公式サイトからどうぞ
バージョンは特にこだわりがなければ最新版でよいかと思います

インストール後の確認として、
インストールした後にコマンドプロンプトを開いて
python」と打ち込みます
「認識されていません」みたいなエラーが出た場合はパスが通っていませんので、
「コントロールパネル」>「システム」>「システムの詳細設定」
を開いて環境変数の「path」にpython.exeが入っているフォルダを指定してあげましょう

 

pipのアップグレード

pipはパッケージ管理ツールです、Linuxで言うaptやyumですね。
3.4から標準的に入っているそうです
コマンドプロンプトを開いて

 python -m pip install --upgrade pip

と打ち込んであげればアップグレードが始まります。

 

で、numpyやscipyをインストールしようと思ったら
おもいっきりエラーがでました(TT)
依存している他ライブラリが入っていないためですが、
1つづインストールするのは大変なので別の方法に切り替えます

続きはまた別の記事で・・・

 

じゃがいもを植えました

家庭菜園

植えたのは数日前ですが、じゃがいものを植えました

 

なんでも種じゃがいものが不作らしく、昨年の北海道での豪雨の影響だと思われます。
いつまで続くんでしょうね・・・

 

種じゃがいものは半分に切るとよく書いてありますが、
別に切らなくても良いです
家庭菜園で楽しんでいるレベルなので畑がそこまで大きくないですし
消費できないほどたくさんできても困ります
あと、シリカや木草灰をつけなくてもいいので楽です

 

とはいえ、ここ数字の雪と寒さはちょっと心配ですね
腐らなければよいのですが・・・

マウスを買ったものの・・・

パソコン

久しぶりの更新です。

仕事でパソコンを複数台使っているのですが、
マウスがいっぱいあると机を狭くしてしまうので
1つのマウスで複数のパソコンを繋げれちゃうやつをかってみました

 

 ちょっと高いけど・・・仕事がもっと楽しくなるはずだ!
と思っていたのですが、思わぬ落とし穴にハマりました。

マウスを買うとUnifyingレシーバーが1つついてくるのですが、

1つしかないので複数台つなぐ場合はBluetoothを使おうと思っていました
そっちほうがレシーバない分、USBポートを専有しませんしね!

 


が、動かない・・・
Bluetoothで接続した場合になぜかマウスカーソルが動きません
調べてみると、
このマウスはBluetooth Smartという方法でつなぐっぽいのですが、
会社で使っているパソコンはWindows7
Windows7Bluetooth Smartが使えないようです・・・まさかのOS依存

 

ま、事前にもっと調べておけよという話なんですがね
マウス自体にはとても満足しております

あけましておめでとうございます

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

 

というのも、元旦から熱を出してしまい、
全身筋肉痛のような痛みと頭痛を伴ったので、
休日診療にいってみたら、案の定インフルエンザでした、A型です。

久しぶりです・・・インフルエンザ
きついですね、体が痛い

そのときはじめて吸引するタイプの薬、名前はなんだっけなぁ、
たしかイナビルを処方、というかその場で吸うこととなりました

吸引タイプの薬ははじめてだったので要領がわからずとりあえず吸い込んだら、
おもいっきりむせました(笑
気をつけて下さい・・・

というわけで熱は収まったのですが、
筋肉痛のような痛みや頭痛は若干残っています、あと咳と鼻水
ウイルスが弱ってるだけで完全にはいなくなっていないのでしょうね

体調が万全になるまで禁酒中です
故に今年に入ってからまだお酒を飲んでおりません。

 

みなさんも体調には気をつけて下さいね。

ブレッドボードで電子工作(電源編)

電子工作

いまさら電子工作が気になるこのごろ
子どもの頃わからなかったこともわかる気がする、たぶん

ブレッドボードはとりあえずなにか作ってみる分にはとても便利です
そこでブレッドボードを使って電子工作をやってみたいと思います

 

そのためにはまずは電源が必要です
5Vもしくは3Vの電源が確保できることが望ましいですね、扱いやすいですし

そんなとき見つけたのがこれ

 

 なにがいいって安い!そして5Vと3V、どちらにも対応できそうです。
電源アダプターが必要なので、ただ安いという理由でこれをぽちりました

 

 怖いぐらい安いですが・・・いちおうちゃんと動いています、いまんとこ


ブレッドボードに指すとこんなかんじ
USBは出力用らしいです、試してないけど
スイッチがついているので電子工作をする上ではありがたいですね

f:id:shimashima-factory:20161228001142j:plain

ジャンパーピンを変えると出力電圧が変えれそうです

f:id:shimashima-factory:20161228001342j:plain

とりあえず、LEDをピカピカさせてみました、Lピカ

f:id:shimashima-factory:20161228001157j:plain

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士という資格が10月ぐらいに誕生しました
誕生というか、
ようは情報セキュリティスペシャリストの名前が変わっただけですが

 

この「支援士」、なんちゃら士なのでいわゆる士業です
それだけを聞くとなんかかっこいいですが
独占業務(資格がないとできないお仕事)があるわけではなく、
あくまで名乗れるだけです

www.ipa.go.jp


話題になっているのがこの支援士の維持にかかるお金
他の情報系の資格とは異なり、更新制になっています
この点は大賛成、日進月歩で技術革新がある情報の世界で一度とったらおしまい!
というのは違和感がありますからね

 

気になるのはお金です、3年で15万程度かかるそうです
高いね、うん、とても個人で払う気になれません

 

今回ありがたいことに会社が費用負担してくれるのとのことだったので、
支援士への登録をしたのですが、
支援士になることのメリットは何か、今後見極めたいですね

 

★追記
講習について詳しくはこちらに記載があります

www.ipa.go.jp